Q&A 親子

親が離婚したら子どもも離婚してしまうのではと心配です

私の両親は、私が小さい時に離婚をして、私自身母子家庭で育ちました。

私は幸せな結婚生活を送りたいと、学生時代から付き合っていた彼と結婚し子どもができましたが、結局価値観の違いや色々な理由からすれ違いが増え、私も母と同じように離婚をし今は子どもと二人で生活しています。

幸せな結婚生活を夢見てきたのに、なぜこうなってしまったのか。負の連鎖が起きている気がして、自分の子どもにだけは、絶対に同じような道を歩んでほしくないのに、親が離婚している家庭で育ったら、やっぱり子どもも同じような道を辿ることになるのですか? どうすれば、離婚しないようになりますか? (東京都 Mさん)

(回答)
子どもに幸せになってもらいたいというお子さんを思われる強い気持ちが伝わってまいります。結婚は当人同士の愛情が大事だとおもわれるものですが、結婚というものは二人だけのことではなく、家と家(家系)が一つになるということでもあるのですね。

家系というのは両親、その両親、そのまた両親というように連綿と私たちの遺伝子に受け継がれているものがあります。

例えば癌家系とか、怒りっぽいなどいろいろありますね。この家系の影響は私たちの人生の中で色濃く受け継いでおり、それが生活に現れてきます。

しかし、今生かされている中で問題があるという事は、離婚という問題を通して家系の流れを変えていくチャンスを与えられているということでもあるのですね。

私たち人間には家の影響を受け継いでいるのと同時に、家の悪い癖を自分の代で正し、よろこびの観い(プラスのエネルギー)で家系を良い方向に軌道修正していくというお役目も持っています。そのための人生80年という時間を与えられているともいえます。

大自然の法則に沿った自分になることで家(家系)の癖を軌道修正していける道が準備されています。

子どもが幸せな人生を切り開いていけるように導くのも親の役目の一つです。 お子さんのためなら、なおさら何倍ものプラスのエネルギーで親としてのお役目を発揮されますね。

回答者
田村 美春 Tamura Miharu
1964年佐賀県生まれ、台湾在住。社団法人日台文化交流会 役員。
赤い糸のパートナーであるご主人と共に台湾の地で
赤い糸の真実を伝える、赤い糸WEBセミナーを定期的に開催しています。
これまで出会いや生き方に悩む多くの方の相談もお受けしています。

赤い糸ほっとライン
出会いや赤い糸に関する質問・相談をお受けしております。 どなたでもお気軽にご相談ください。

  • 本物の出会いができる自分になる実践法 三法行のご案内は こちら
  • 赤い糸、出会いに関することなど 各種ご相談お問い合わせは こちら
  • 赤い糸WEBセミナーのご案内は こちら

-Q&A, 親子