出会い

出会いの不思議な縁

暮らしの中にあるたくさんの出会い

「袖振り合うも他生の縁」とはよく言ったもので、私たちはたくさんの「出会い」の中で毎日を送っています。

電車で隣に座るのも、クラスメイトになるのも、同じ会社に就職するのも出会いですね。

この多くの出会いの中から友情も芽生え、愛情も芽生えます。

そういう視点で見ると、出会う機会が多い人ほど理想の相手と出会うのは難しいものではないのかもしれませんね。

婚活でも出会う場を増やすようにと社会人サークルや趣味の場に出向くことを勧めているところも多いです。

出会って、愛し合い、結婚するに至るまで人それぞれのドラマがあることでしょう。

結婚相手と出会うという縁

結婚をめぐる出会いの奥には、一種表現しがたい不思議なものがあります。

その人を結婚相手に選んだその奥には、自分の意志とは別の何かの働きが潜んでいるものなのですね。

古くからそれを「赤い糸」と呼んできました。

誰でも自分が結婚までしようというからには、
「この出会いは赤い糸のはず」と結婚を決意できるまで相手を愛せること自体が赤い糸の証明であると思うものですね。

ですが、ここでとても大切なのが「愛している」は決して赤い糸の証明にはならないということです。

出会いの奥にある真実

「こんなに強く人を愛したことはない」と恋愛の初期には感じやすいものですが、
「異性を愛する」ということほど曖昧な感情はないと感じたことはありませんか?

もし、この記事を読んでいる方が愛を信奉する方でしたら憤りを感じるような話ですが、
それのほとんどは「惚れる」や「執着する」に近いかもしれません。

「出会い」という響きに酔うことなく、出会いの奥にある真実を見つめていくと、おのずと出会いが変わっていきます。

運命の相手は存在する

運命の相手は必ず存在しています。

出会うべく人と出会い結ばれる――。これは誰しもが望んでやまないことです。
もしかするとこれ以上に人が強く切望することは他にないのかもしれませんね。

20代でも30代でも、40代、50代であろうとみんな「赤い糸」のつながりを心から望んでいます。

人間にとって一番必要なものは、やはり本当の出会いであり、赤い糸の縁なのです。
それはおそらく、お金や仕事の成功よりも強いかもしれません。

それが人間なのですね。

赤い糸は根本にもかかわる重要な法則

それほどまでに強いものだということが、
この赤い糸の出会いというものがすでに本人の意思でコントロールできるものではないということの証明でもあります。

それは、目に見えない大自然の摂理が働いており、その中でもとても重要な法則です。

赤い糸というのは存在の根本にもかかわる大切な法則なのです。

それらを体得していくことで、男女の出会いに限らず、
あらゆる人や環境との出会いも含め、まず出会いが変わり、真の出会いを手にする自分に近づいていくことができるのです。

  • 真の出会いを手にする自分になる方法 三法行のご案内は こちら
  • 赤い糸、出会いに関することなど 各種ご相談お問い合わせは こちら
  • 赤い糸WEBセミナーのご案内は こちら

-出会い