出会い

人生を左右する出会いの法則

人との縁は不思議なもので、昨日まで全く見知らぬ関係だった人と、ふとしたきっかけで仲良くなり、それが人生に大きな影響を与える出会いとなることもあります。

人生は出会いと別れの繰り返しといいますが、この出会いというのは偶然のように見えて、実は目に見えない、あるルールに沿って動いています。

不思議な、でも確かにある出会いの法則

では、人との出会いに作用しているルール、出会いの法則というものをご説明していきます。

それはどんな法則なのか、どんな仕組みで私たちは出会い、そして別れるのでしょうか。
周りにあふれるカップルを見渡すことでその法則を見つけることはできるでしょうか。

性格、容姿、家柄、生活のレベル?
要素はさまざまありますが、実はこれらは二人が出会う決定的な要素とは決していえません。

なぜなら性格がそっくりな二人もいれば、正反対の性格をもつ二人もいます。
誰もが羨むような美女と、外見が不釣り合いな男性とのカップルを「美女と野獣カップル」と例えていうこともありますね。

出会う人は自分と似ている

五感で確認できる範囲でその法則をとらえることは決してできるものではなく、出会いに作用する目に見えない法則というのが『出会いの法則』です。

「類は友を呼ぶ」ということわざがあるように、人が出会い、深い交流を持つ相手とは、自分と“瓜二つ”の人なのです。
つまり、出会いの過程に関わらず出会った相手というのは、鏡に映ったそっくりなその人自身なのです。

性格、容姿など目や耳で判断できる範疇の話ではないとしたら、何が瓜二つなのでしょうか?

らぼちゃん

性格も違うし、育ってきた環境も違う。 でもなぜか惹かれる……。その理由ってなんだろう?

お互いが惹かれ合うものの正体はエネルギー(観い)

その人と似ているもの、鏡に映し出されるものというのは、普段は目にすることのできない、その人がもっているエネルギー(ここでは観いといいます)の状態です。
磁石と磁石が引き合うかのように、その人はその人と似たエネルギー(観い)をもつ人と、どこかでめぐり会い、深い関係を築くことになります。

反対にその観いの状態が異なる相手であれば、例えすぐ横に条件的に自分の理想の人がいたとしても、エネルギーは相反する形になり、磁石が反発するかのように惹かれ合うことなく、自然と遠ざかることになります。

プラス同士が引き合う

マイナス同士が引き合う

プラスとマイナスだと自然と遠ざかる

人との縁とは出会いの法則の結果だった

昔から聞いたことのある「縁のある・なし」とはこの目に見えない不思議な、でも厳然たる『出会いの法則』によって導き出された結果なのです。

「なぜかわからないけど相手に惹かれる」という二人に芽生える恋愛感情というのは、好みや性格の良しあし、学歴、収入や社会的地位などの条件とは別に、その人がもつ観いが磁石の役目を果たし、似た観いをもっている人同士が引き合っているということです。

もし、今のパートナーとの出会いが良い出会いかどうか判断する基準は、 相手と出会った時の自分の状態を思い返してみると、違った角度から色んなことが見えてくるでしょう。

Information

  • 本物の出会いができる自分になる実践法 三法行のご案内は こちら
  • 赤い糸、出会い、水子など 各種ご相談お問い合わせは こちら
  • 赤い糸WEBセミナーのご案内は こちら

-出会い