結婚

結婚適齢期に年齢は関係ない

誰もが結婚生活に期待をしますし、不幸になりたくて結婚する人ももちろんいません。みんな幸せになりたいと願うから結婚をします。

ですが、そう思いながらも、多くの人が不幸や深刻なトラブルを抱え込んでしまうのはなぜなのでしょうか。
その一つは、結婚には絶対に禁物の、焦りや妥協が関係しているのです。

結婚に焦りは禁物

女性の場合、結婚適齢期が近づくと本人はもちろん、両親や周囲の人が気を揉み、早く結婚をしなければいけないような雰囲気を作り上げてしまうことがあります。

そうなれば本人もますます世間の目が気になりだし、焦ってお見合いをしたり、妥協した結婚をしてしまいがちです。

ここで、お伝えしたい大切なことは、このような“早く結婚しないと”という気持ちからくる焦りや妥協の結婚は、本人はもちろん、家族にとっても不幸を招いてしまうことにつながる、ということです。

結婚適齢期は日本独特の文化

現在のいわゆる結婚適齢期というのは、女性が20代後半くらいでしょうか。そして、男性の場合はそれの一、二歳上と言われているようです。

ですが適齢期とはあくまで社会的都合でできた言葉であり、出産には年齢は関係してくるものの、本来、結婚に適齢期というものはないはずです。欧米でも年齢によって結婚を考えようとすると常識はないとのこと。

最近エイジハラスメントというワードも話題になっていますが、年齢を気にするというのは日本独特の文化なのかもしれません。

赤い糸と出会えた時が結婚適齢期

もし適齢期というものがあるとすれば、それはこの世にたった一人しかいない“赤い糸で結ばれた相手”と出会ったとき、そのものです。

真に幸せな結婚を望むなら、年齢などにこだわらず、自分が法則に沿った状態、つまり、どこから見ても毎日を楽しく、自然体で感謝して過ごせている状態になることが重要なのですね。

すべては本来の相手に出会うための準備期間

本来、人との出会いや結婚というのは、自分の波動が健康で自然であれば、年齢で焦るなどということもなく、本当にごく自然な形で赤い糸の相手と出会うようにできています。

無理やり何かの枠、この場合は結婚適齢期という年齢の枠に捕らわれてしまい、焦り、妥協で選んでしまえば、その自然に引き合う流れから外れることになってしまいます。

自然体から外れれば、本来のリズムはくるい、エネルギーは弱まってしまう。

そこに、同じエネルギーの弱まった相手を引き寄せ、結婚した結果、幸せな結婚生活とは程遠くなってしまう……、というのが法則なのですね。

自然の法則に沿えたときこそ、本来の出会いを果たせた時こそが、その人の『結婚適齢期』なのです。 赤い糸の相手に出会えるまでの道のりは、その人が本来の出会いを果たすべくして起こる、必要な出来事、準備期間であったということです。

Information

  • 本物の出会いができる自分になる実践法 三法行のご案内は こちら
  • 赤い糸、出会い、水子など 各種ご相談お問い合わせは こちら
  • 赤い糸WEBセミナーのご案内は こちら

-結婚