出会い

男運がないと嘆いていたら

恋愛がいつも長続きしない、付き合う人はダメンズばかり、好きになる人はなぜか既婚者が多かったり…。
今度こそ良い恋愛をしようとおもっても、また同じ失敗を繰り返してしまうのはなぜ?

もし男運がないと感じていて、それを変えたいと思っているのなら、 良い人と出会える自分に変えていくことが先決です。

最初は良かったけど……見えてくる相手の欠点

「最初はいい人だと思ってつきあい始めたけど、だんだんいいかげんなところが目立つようになってきて、結局合わないから別れた」

「普段は優しい人なのに、機嫌が悪くなると暴力を振るってくるようになった」

「彼に多額の借金があることが判明した」

「どうして理想の素敵な人と出会えないの?」

最初は素敵だなと思ってその人のことを好きになり、幸せいっぱいでお付き合いが始まったけど、時間がたつにつれて付き合う前は気付かなかった相手の本性も見えてきます。

・優しいと思っていたけど本当はものすごく優柔不断な人だった
・積極的にアタックしてきてくれたから付き合ったけど、実は女好きで浮気性だった
・よく大きな夢を語るけど、実際は定職にも就かずふらふらしている

などなど

自分が感じる相手の良くないところを見るにつけ、なんで私はこんな人と付き合っているんだろう…とため息が出たり、男運がないな、もっと自分にぴったりな相手と出会うにはどうしたらいいんだろう、と出会いのノウハウを調べたことがある人もいるかもしれません。
今の付き合いに不満がある場合、今の彼と別れて新しい出会いを探したくなることもあるでしょう。

出会いの根本を考えてみる

ですが、ここでちょっと立ち止まって出会いの根本を考えてみましょう。
出会いの根本とはどうしてその人と出会ったのか、ということですね。

同じ職場だったから、友達の紹介だったから、趣味のサークルで意気投合したから
出会ったきっかけは様々あると思います。

目には見えない出会いの法則の点から見てみると、

「類は友を呼ぶ」ということわざがあるように、似た者同士が出会うというルールがあります。

らぼちゃん

「類は友を呼ぶ」
同じような性質や趣味を持った者同士は、自然と集まるという意味ね!

人は「似た何か」で引き合う

男と女の出会いも同じで、男女が出会って付き合い始めるということは、目には見えない「似た何か」がお互いに引き寄せ合って付き合い始めます。

言い換えると、その人と出会わなければいけない自分であったともいえますね。

もし、男運がない、と感じていてそれを変えたいとおもっているのなら、新しい出会いを探す前に良い出会いができる自分になることが先決です。

自分がプラスならプラスの人が寄ってくる

自分が“プラス”であれば、お互いが自然体で繁栄し、よろこび会える人と出会います。

その逆もしかりで、“マイナス”であれば、どんなに運命的なときめく出会いを果たしたとしても、結果的にお互い足を引っ張り合い、周りをも不幸に巻き込む出会いにつながっていきます。

出会いを変える、良い人と出会う秘訣は
まず自分がプラス、つまり日々に感謝し喜べる生活がおくれる自分になること。

自分をプラスに変えていくことで、 出会いの根本から変わっていくのです。

Information

  • 本物の出会いができる自分になる実践法 三法行のご案内は こちら
  • 赤い糸、出会い、水子など 各種ご相談お問い合わせは こちら
  • 赤い糸WEBセミナーのご案内は こちら

-出会い